忍者ブログ

【関西実況】KarinekoのBLOG

ぬこ大好きの関西人が関西弁で実況していく関西実況プレイ☆
NEW ENTRY
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07/28/09:37  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09/11/12:42  DQN バーサス ミサ馬鹿

未だに勝てません。
僕の腕が全く足りてないみたいです。
3時間以上粘って
勝てないというDQN。
まさにDQN。
お好きなように叩いても結構です。
もう少しだけ時間をください。

アセン

頭:SKY
コア:標準
ブースター:空中戦用(飛びまくるから追いかけるのにこれにしてます。
腕:MHL(だったかな
足:SNSK
デコイ
迎撃ミサ
プラライ
月光

こんな感じでいろんなアセンも組んでみたりしてみたんですが・・・。
例えば4足で構えレーザー発射。さすがに主砲には手は出してません。

たぶんデコイの使い方さえマスターすればちょっとは楽に倒せるんだろうけど・・・。


なので、どうか、どうか、どうか、もう少し時間をください。
PR

無題

手こずっているようだな、尻…いや、手を貸そう

基本的に初代~LRまでのACは飛んでいるより地上の方が速度が出やすく、機体制御も容易です。
さらに空中戦用ブースタでは出力が極めて低いため、空中戦でこのブースターを使うと致命的に遅く、ミサイルを避けるための速度がまったく出ません。
(実際は内部計算式の都合でUN4よりちょっと遅い程度の出力らしいですが、それでも遅すぎ)

また、実際に例のアセンを組んでみたところ、重量の都合でラジエーターが犠牲になっている様子。チーフ先生の腕ミサは熱量が高いので、発熱に泣かされます。

おまけに迎撃ミサは弾数多いのはいいですが、実際は誤差が極めて高く、まったく落としてくれません。泣けるほどドジっ子な迎撃ミサちゃん(何

…まぁ、やられる前に接近してプラライごり押しすればこのアセンでも勝てたんですが、さすがにそれでは厳しいしミサ避けもできないということで…

以下、素人なりに考えた対策アセンと具体的な戦術です。
ネタバレという程ではないですが、「自力でやる!」と思う場合はすっ飛ばしてください。

頭:スカイアイ(単なる好みですが地味にミサイルセンサーついてます)
胴:初期
腕:MHL
脚:03-SRVT(実弾防御に特化した中量2脚)
FCS:ST-6
ブースタ:MARE(ミサ避けの速度確保)
ジェネ:ROZ
ラジ:SA77(緊急時の冷却性能が高いので)
インサイド:デコイ
エクステ:SILENT(迎撃レーザー)
肩:初期レーダー
右手:弾速と命中率が良いので緑ライフルかENライフル
左手:月光(こだわり)

OP:実弾防御、旋回強化、サイト拡大

戦闘開始後、まずは距離を保ってチーフ先生の腕ミサを減らします。
基本は引き寄せてからの切り返し。当たると熱が痛いのでせっせと避けましょう。
ある程度腕ミサが減ってくると、今度はマルチミサが飛んできます。これは「4発全弾直撃さえしなければいい」程度の気持ちで思い切って直進。回避しづらいので迎撃レーザーを使ってもいいですが、EN残量に注意。
たま~に飛んでくる核ミサは誘導性能が高いですが、有効射程が短め。ひたすら逃げるか、デコイ1~2個撒いておきましょう。

必死で避けていれば、いつのまにかチーフ先生は弾切れを起こします。そんな相手を撃つのも気が引けますが、「上下サイティングの練習」として割り切りましょう。
ミサを避けつつ弾切れ前に倒すのは結構な腕前が要りますしね。

注意点
迎撃レーザーは迎撃ミサイルよりかなり高確率で効いてくれますが、EN消費が激しいので付けっぱなしだとすぐチャージングします。EN残量に気を配りながらオンとオフを切り替えましょう。
また弾が切れたら即座にパージ、あるいはオフに。でないとコアの迎撃機能が作動してくれません。

それでは、また。

  • 2009年09月11日金
  • RFN
  • 編集

無題

チーフって遅いよね
ありゃさすがにEOも当たるよ

  • 2009年09月11日金
  • ゆたんぽ(PS3)
  • 編集

勝てないDQNはただのDQNだ

相手が空中飛んでるのでこちらも機体を上昇させることで対応しようというのは愚策です。上下の視点移動で対応しましょう。

また、視点を変えて相手が地上に降りてきたところを確実に狙い撃ちするという手もあります。
というのも基本的にACには影がありますから、レーダーがない状態、且つ空中に浮いていて視界内に入っていないとしても、相手が地上に落とす影をとらえることで相手の位置を把握することはできます。

また、相手はジャンプ機能を有していないタンク型ACなので一度着地してしまった場合、再度の上昇までには時間がかかります。
よって、旋回性能高めの軽量機で一気に接近。
相手の側面に周りこんだら相手が落下してくるまでデコイでミサイルをつぶしつつ張り付き→高火力装備を確実に当てるという手もあります。
この場合、基本高火力の装備が一つあれば足りるので軽量機を組むのにはさほど困らないかと思います。
問題は確実に張り付き続けられる機動力の確保と相手の側面を撮り続けられる旋回性能の確保なのでそちら側に重点を置いた機体構成がいいかと思います。
また、上でゆたんぽ氏が既に出していますが、相手は垂直移動を主にするタンク型ACなのでEOを使ってみるのもいいと思います。

まぁ、今までのツケを払っていると思って頑張ってくださいw

  • 2009年09月11日金
  • ZIO
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL